HAPPY SHARE 動物福祉・保護団体へ転職決定1名様ごとに寄付

転職決定1名様につき
1万円を動物の福祉・保護団体に寄付しています

日本では環境省の統計だけでも毎年8万匹以上※の犬猫が殺処分されており、また、ペットブームの裏で失われる命も少なくないと言われています。
リボンは、もともと猫や犬が大好きなスタッフが集まって運営・制作していることもあり、ビジネスを通して猫たちに恩返しをしたいという想いからHappy shareの仕組みを考えました。
みなさまの転職決定のお祝いと感謝の気持ちを、ほんの少しではありますが、猫たちを通じて社会に還元していければ幸いです。

※環境省統計資料・平成27年「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」より

平成28年度 寄付支援先団体
以下の5団体に寄付させていただきました。

山猫庵(正式名称:一般社団法人東京動物環境支協会)

http://yamanekoan.fan-site.net/

都会の真ん中、東京・本郷3丁目でシェルターを運営する一般社団法人。人間社会の中で行き場を失った100匹を超える猫たちを保護し、啓蒙活動や養子縁組などに取り組んでいます。
病気への無理解、飼い主の高齢化や不景気、震災など、猫たちを取り巻く問題は、常に人間社会の問題と深いつながりが。
それゆえたくさんの命を扱う活動は、困難も多いけれど、多くのボランティア・スタッフらとともに地道に着実に活動を続けています。

特定非営利活動法人SORAアニマルシェルター

http://sora.ne.jp/

東日本大震災直後から福島で被災動物のレスキュー、保護活動を続ける団体。大型犬を含む犬猫たちを福島市内にあるシェルターにて保護・預かりしています。
困難の収束はいまだ見えず、日々の命をつなぐ活動に簡単な終わりは訪れません。
そんな中でも、SORAが目指すのは、「日本一、世界一楽しいシェルター」。幅広い年齢・職業の犬好き・猫好きボランティアたちが集い、真剣に、楽しく、さまざまなアイデアを実行しながら活動を支えています。

NPO法人東京キャットガーディアン

http://www.tokyocatguardian.org/index.html

大塚・西国分寺の猫カフェ型開放型シェルターを拠点に、猫の殺処分ゼロを目指し、 行政(保健所・動物愛護センター)などから猫を引取り、飼育希望の方に譲渡する活動並びに地域猫活動をおこなっています。
野良猫、飼い主のいない猫の為の去勢・避妊手術専門の動物病院、キャットフードや猫砂などの買い物で保護活動に参加出来るショップなど、多様な取り組みに挑戦しながらシェルター運営に取り組んでいます。

保護ねこ広場ラブとハッピー

http://lovetohappy.com/

東京・日野市にある保護猫カフェ。長年、地域で保護猫活動を行っていたメンバーが2015年に立ち上げました。
約20年の草の根活動で培った地域のネットワークを生かし、保護依頼に対応しながら、猫たちの譲渡、カフェの運営や情報発信に取り組んでいます。
カフェという集いの場を通して、迷い猫の相談や、保護の仕方、飼育の仕方など、猫と人が上手に共生するための必要な知識もシェアしていきます。

保護ねこ広場にゃん福

http://nyann-puku.jimdo.com/

「保護ねこ広場 にゃん福(にゃんぷく)」は、飼い主のいないネコや事情により飼育困難となった子たちのお家となり、ふれあいを通して新しい飼い主を探すために出来た東京・日野市の施設です。
学生などボランティアが集い、日々の様子などをブログで発信しながら運営を行っています。2014年12月オープン。

ご登録後の流れ

  1. ご登録・お問い合わせ
  2. ご希望条件ヒアリング
  3. 求人のご紹介
  4. 履歴書作成サポート
  5. 面接サポート
  6. 面接
  7. ご内定・ご入社
  • 夜間相談予約 365日対応(21-24時)
  • 未経験CRA特集 未経験からCRAを目指す
  • 未経験CRC特集 CRC(治験コーディネーター)を目指す
  • 製薬業界用語集
  • happy share 動物福祉・保護団体へ 転職決定1名様ごとに寄付